やりたいことが見つからない?そんな人でも見つけられる意外な方法

スポンサーリンク

こんにちは。こんばんは。

いつも来てくれてありがとう。

うつ病から起業家へ。

成功したい学生・フリーターの味方ゆっけです。

 

今回はやりたいことが見つからないあなたへ、

やりたいことの簡単な見つけ方と、そのためのコツをお伝えします。

日を増すごとにどんどん世の中は変わり、どんどん世の中は「個の時代」へと突入しています。 

『好きな事で生きていく』というYouber的な生き方がメジャーになってきていたり、 

 

フリーランスという働き方も増え、現在日本の約17%、1100万人以上の人が雇用という枠組みを越え、自由な働き方に本格的に参入しています。 

 

そんな中、僕の周りでも多いのですが人10月現在、そろそろ入社式が始まっていて、 

”本当に自分は入社してしまうのか。入社をしたはいいものの、特段やりたい仕事ではない” と悩みを抱えている人や、 

”仕事が楽しくない、やりたいことややりたい!” という人がたくさんいます。 

 

 なので今回はそんな事態を防ぐためにも誰もが持っているある感情を使ってやりたいことを簡単に見つける方法を伝授します。

その感情とはなにか、それは

嫉妬

です。嫉妬という感情がやりたいことを見つける最強の武器だということを知らない人は多いのですが、そんな感情を利用して

『自分が本当にやりたいことはなんなのか』、 

『やりたいことはあるけどそれ一本で生きたい!とまでは踏ん切りがつかない』 という気持ちを持つあなたに向けた、 

 心の奥底に実はあるやりたいことへの気持ちをとんでもなく湧き上がらせて、やりたいことを明確に見つけるコツをお伝えします。 

 

ただ、一歩間違えれば嫉妬はただの負のエネルギーになってしまうのでそうならないための方法も伝授。 

『将来どうしよー、でもまじめなことはまだ考えたくない』っていうあなたにも楽しくすーっと入る話。おすすめです♪ 

嫉妬はやりたいことを見つけてくれている

 

嫉妬っていうのがそもそもどんな時に起こるのかそれは、 

『自分が持っていないものを相手が持っていて、自分もそれが欲しいのに!という感情が出てきた時に起こります。 

そして特に『自分と状況が限りなく近いけど→自分よりも一歩二歩進んでる』くらいの人に一番嫉妬を抱きます。 

そうなんです。裏を返せばいくら目につく人がすごそうな人でも、

自分の欲している者を持っていなければ全く嫉妬の感情は起きません。

自分事ではなく、他人事なのでいくら煽(あお)られようが「ふーん」という程度で終わります。

 

嫉妬ってよく相手に向かって強い感情を抱くと思われがちだけど、実は一番メインなのは自分に向いた感情なんですよね。

つまりは嫉妬をしている=自分にはとてつもなく欲しいものがある。ということで

その嫉妬が一体どんなものに向けられたものなのかを明確にすれば、自分のやりたいことも簡単に見つけることができるんです、!

嫉妬がやりたいことを見つけるコツだよー、っていうのはまさにそういう理由から来ています。

ただ、嫉妬の扱い方をちゃんと知らないと、エネルギーを間違えた方向に使いがちになってしまうので、

次は嫉妬という武器の使い方、書いていきます♪ 

 

やりたいことがむしろ見つからない嫉妬の使い方

 

嫉妬っていう状況はいわば相手が自分より前に進んでいたり、上にいる時に起こるわけですが 

嫉妬している状態が辛いので、人間はその差を埋めようとするわけですね 

ここでの差の埋め方が、嫉妬をうまく使えているかどうかの分かれ道。 

 

嫉妬をうまく使えず、やりたいことをむしろ見つけられない人っていうのは

『あの人が成功してるのには絶対に裏があるはずだ。あいつは大したやつじゃない。むしろダメなやつだ』 

 みたいに相手を必死に落としめようと躍起になることで、差を埋めようとする人です。 

 

これだと自分がいつまでたってもに前にも上にも進みませんし、自分より先を行く人が現れる度に嫉妬して、疲れて、消耗するだけです。 

やりたいことを見つけるどころか、人を罵倒する人が集まってコミュニティーなんかできちゃうともう大変、、! 

 

その消耗の行く果てにあるのは諦め、つまり嫉妬ではなくもはや「劣等感」を感じるだけの状態になるんですね。

見つけるコツをgetしたつもりが、策に溺れて永遠にやりたいことが見つからないパターンに。。

そこまでいっちゃうともうサンドバック状態よ。殴られても殴られても無抵抗、劣等感の嵐になってしまう(-_-)/~~~ピシー!ピシー! 

そうならないためにもまずは、嫉妬をしてしまっても相手を罵倒しないぞっていう決意をして、そういう人たちが多い場所からは抜け出していきましょう♪ 

やりたいことを見つけるための嫉妬

 

 反対に嫉妬をうまく上昇のためのエネルギーに使える人はみごとに自分にあったやりたいことを見つけて成功します。

 開いてしまっている差を、相手を下げるのでなく自分を上げることで埋める事で 

 成長した自分に余裕というものもできますし、自分のレベルが上がった分、比較する相手も減るからです。 

 

じゃあどうやってその「嫉妬」というメラメラ燃えるエネルギーをうまく使うかというと

①嫉妬は悪いことじゃないと知る 

②嫉妬はいいきっかけだと知る 

③嫉妬している自分をありのままに見る 

④嫉妬させてくれる相手のことを祝う

という4段階をうまく踏むことがコツなので、一つ一つ見ていきましょう♪ 

 

①嫉妬は悪いことじゃないと知る 

 

どうしても嫉妬している自分、ってなんだかみっともないし見たくない、って思っちゃいがちなんですよね。

なので①みたいにまずは嫉妬している姿は別に恥ずかしくない、っていう風に思いましょう。

嫉妬、っていうのは自分だけでなく、誰しもが抱いてしまう感情なのでもうしょうがないっす(笑)

 

無理です、嫉妬しないだなんて。そう思えば、嫉妬してる自分ってダサくもないし、見つめてあげやすくなるやんな。

しょうがないんだよ、にんげんだもの。

ゆけを

②嫉妬はむしろいいきっかけだと知る 

 

てゆーーかむしろね! 

嫉妬はむしろ自分が普段かっこつけて隠している欲求っていうものを 強制的に湧き上がらせてくれるのでね、すっごくいい相棒なんですよ! 

①にプラスしてそんな風に思ってあげれれば毎回嫉妬の感情が来るたびに 

くっそぉ~、、、でもウェルカムウェルカム~(^。^)y-.。o○♪ 

っていう風に歓迎してあげられるので、もっと自分をためらない無く見て、ちゃんと客観視してあげられるようになります 

 

③嫉妬している自分をありのままに見る 

 

こうして①,②の段階を踏んだあとだったらね、もう余裕でしょう、! 


自分が今どんなところに嫉妬しているのか

自分が今どんなものを欲しがっているのか

っていうのを冷静に分析してあげる番になりました。

人はちゃんと弱さを知って、初めて強くなれるのでね、その段階に入ったということです。 

 

しっかりと自分を見つめ直して、その感情をアウトプットしましょう。 

 紙だとやりやすいですし、一番いいのは自分の嫉妬心や思いを直接人にさらけ出すことです。

 

 

変に恥ずかしがらずすなおに「いいなぁ~、私も頑張る!」 

みたいに声に出して言うと、自分にも相手にも宣言して、良い意味で後に引けなくなる=進むしかなくなるのでおすすめです。 

 

そして、もっとおすすめな方法があるんです。最後の④に進みましょう♪ 

 

 ④嫉妬させてくれている相手を祝う 

 

自分の嫉妬をウェルカムな気持ちで迎えられるようになったら、 

最後は嫉妬させてくれる相手すらもお祝いしちゃいましょう。 

 

これは実際に心理学的にも「成功の伝染」という話もあり証明されていて、 

周りの人が成功しだしたら自分も成功できる、みたいに考えていけるんですよね。 

 

 またまた 

自分の嫉妬をコントロールできる、っていうことは相手の嫉妬の心を理解できることなので、 

 嫉妬ばかりの相手への対処ができる。スルー出来る。対策が打ちやすい。という事に繋がり、 

 対人関係の輪が良くなって、応援してくれる人も増え、より自分の理想に早く到達できます。 

 

 やりたいことの見つけ方。まとめ

 

 

いかがだったでしょうか。 

今回は嫉妬が自分のやりたいこと探しに繋がっているぞー、っていう話から 

そんな嫉妬という炎をじょうずに使う方法まで伝えるというとても濃い内容となりました。 

 

やりたいことがまだ見つかってなかった人、気持ちが中途半端で終わっていた人はぜひ参考にして 

自分が本当に進みたい道をしっかりと歩んでいってくださいね♪ 

 

それでは今回はこの辺で 

読みに来てくれてありがとう 

 

ANON-TimeZ

スポンサーリンク